HÖSK VOL.3

f0125978_14243497.jpg

2012/10/17/WED
 来週25日(木)はFoolish FelixことFelix DickinsonとDubbyを招いてのHÖSK at 青山トンネル、27日(土)は渋谷芸術祭でのTRY & ERROR at 渋谷ヒカリエでDJします。
 まず、今回でvol.3となるHÖSK @ 青山トンネルは、豪華ゲストを招いた秋スペシャル。2012年、東京で彼のDJを聴けるのはココだけ(なはず)!いつもどおり、Kai Kunimoto, Jitsumitsu and Koheinの3人がお待ちしています。
 そして、渋谷芸術祭の初日27日(土)は、今年2月に恵比寿のアートスペース「SPES-LaB」で開催されたライブペイント企画『TRY & ERROR』を、大好評につき渋谷ヒカリエでも再開催。東京を代表するペイントデュオDOPPELのライブに合わせて、DRUNKENと共に選曲します。
 どちらもとてもおもしろそうなので、どちらもかどちらかでお会いましょう。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

<HÖSK vol.3>
2012/10/25/THU 20:00- Start
Entrance ¥1,000
@Aoyama Tunnel
http://aoyama-tunnel.com

■Guest DJs
Felix Dickinson (cynic music)
Dubby (Organic Music)

■DJ
Kohein (Some Song Teachers)
Kai Kunimoto (STUDY)
Jitsumitsu (P.V.C.)

・Foolish Felix (cynic music www.cynicmusic.co.uk )
 1990年から活動を開始し、アーティスト名義もいくつかあるためFoolish Felixと聞くと誰か分からないかもしれないが、通なDJのレコードバックには彼のレコード(曲)が一枚くらいは入っているだろう。
 20歳の時にサセックスにて、ノッティンガムのD.I.Y Sound Systemの協力のもとTonkaをよび、4日間にもよるフリーフェィスティバルをオーガナイズした。ヘリコプターも出動したがパーティーを止められず、それはCriminal Justice Act以前のことだったため、4000人もの人が踊った。
 1992年にFelixはブライトンに移り、毎月のレギュラーパーティーSlackを始める。月曜の夜のパーティーであったが、パーティーピープルの間で知られ、アフターパーティーの場として使われたりもし、そこでFelixは多くの友達を作ったという。
 Slackが終わり、Felixは自主レーベルUgly MusicをTony Leeと共に立ち上げ、K-Alexi、Underground Evolution、D.J. Harvey、Jaime Readらのレコードをリリースした。そしてこの頃Jointというクラブでレギュラーを始め、Jaime Read (L.H.A.S)とBobby Coulman (Soft Rocks) も加わり、1995-2000年まで続けている。
 2000年にロンドンに移り、LHAS Inc.、Foolish and Sly、 Das Etwas、The Mythical Beasts、Dedicationといったプロジェクトに参加し、レーベルオーナーとしても3つのレーベルCynic Music、Bastedos、Urban Mythを運営している。
 Jazzy Sport、Far Out、D.J. History、Strut、Rush Hour、DFA、Claremont 56、Crue-Lにremixを提供し、アメリカ、日本、オーストラリア、ハワイといった海外にもよばれ、最近ではパーティー、BRING ITをイジャットボーイズと共に開催している。
[PR]
by ktygch | 2012-10-17 10:58 | 記録
<< FIVE MIC C.O.D HOTDOGGERS >>