RAMEN FOOD NETWORK

f0125978_12382580.jpg

2012/03/01/THU
 知ってる人もいるかもしれませんが、テレ朝「お願いランキング」に登場する「ラーメン官僚」と呼ばれるラーメンフリークがいます。「ラーメン女子大生」と呼ばれる弟子と共にいろいろなラーメンを食べ歩き、どう美味いかを解説するコーナーで、ラーメン官僚のGEEK感あふれるキャラクターが個人的にツボでごひいきにしています。
 先日、ラーメン官僚のTwitterアカウントを見つけたので早速フォローし、ノリに任せてダイレクトメッセージを送ってしまいました。「いつも見てます、フリーク感ハンパないっすね。」的な内容と一緒に、「渋谷駅付近に新しくオープンした煮干王にさっき行ってきましたけどもう行きましたか?」的なメッセージを送りました。もちろん、初対面の人が急に距離感を詰めてくることは、自分が1番イヤなことでもあるので、ラーメン官僚からメッセージがないことは半ば予想済みというか仕方ないこととあきらめていましたが、その日の夜、ラーメン官僚の注目すべきツイートを目にしました。「宿題として積み残していた渋谷の煮干王。煮干しづかいの巧みさ。もはや、円熟の域に入った感あり。味の組み立て。解っているというか、最後まで惹きがある1杯(^_^)」。
 これはまさしくぼくのダイレクトメッセージに触発されたアンサーと考えて間違いないでしょう。そう確信したぼくは、うれしさのあまり再度メッセージを送りたい気分になりましたが、それではせっかくの官僚のクールなリアクションを台無しにしてしまうので、どうするのが1番オシャレなのかを考え抜いた結果行った行為は、そのツイートをファボることでした。ぼくがファボった知らせは官僚に伝わり、「おっ。あいつこのメッセージ読んだな。」と知らせることができる。直接メールをし合わなくても、こんなにも充実したコミュニケーションが取れるなんて、と非常に大満足でした。
[PR]
by ktygch | 2012-03-01 10:58 | 記録
<< A TUNNEL FRACTION A LEAP YEAR >>