SWIMMING TRUNKS DA SA DA SA

f0125978_13125514.jpg

2012/02/15/WED
 震災後にスチャダラパーが出した本「余談 LEVEL 7」をいまだ少しずつ読み続けています。こないだその中で発見がありました。それは言わずと知れた超クラシックナンバー「サマージャム '95」内のリリック「海パンダサダサで~♪」のモデルがロボ宙氏だったということ。
 どうやら「LB祭り」のあとノリで向かったプールで、みんな無難な海パンを選んだのに、ロボ宙氏だけが素でスクール水着を選び、しかもサイズが小さすぎてケツの線ハミ出しながらはしゃいでたらしいです。「あれは笑ったなー 行きたいなー又」。みんなからのツッコミとか爆笑とか想像できておもしろいです。次聴くときから毎回思い出してしまいそう。
 「とにかくパーティーを続けよう」。震災や取締りなどでここまで意味深な歌詞になるとは思ってもいませんでした。
[PR]
by ktygch | 2012-02-15 10:58 | 記録
<< US GEEKS SAID &... JAPAN IS OLSO A... >>